株式会社Studio7(スタジオナナ) - Yoga is for everyone.   ~ご自身や愛する家族を見つめる時間を~ 
RSS

最新記事

ブログ移行します
フィギュアスケート合宿
七夕に願いを☆彡
夫の誕生日に
東京名所巡り

カテゴリー

NPO法人アクセプションズ
OA情報
アナウンサー
お知らせ
キッズヨガ
ダウン症 バレエ
ダウン症 ヨガ
ダウン症 子育て
ダウン症 書道
ダウン症 治療
ダウン症 療育
ダウン症 肺炎
ダウン症 親子ヨガ
バレエヨガ
ファイナンシャルプランニ
プライベート
ママヨガ
ヨガインストラクター
ヨガグッズ
ヨガセラピー
人のつながり
入院日記
出張ヨガ
出張親子ヨガ
旅行
朗読
森のくるるん
絵本ヨガ
親子ヨガ

アーカイブ

7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011

検索エンジンの供給元:

YOGA・子育て日記

王羲之

先日、東京国立博物館へ王羲之(おうぎし)の特別展を観に行ってきました。
書道の先生と一緒に行ったので、またもや有難い先生の生解説付き(^_^)v
 
今月初めにテレビでも特集が組まれていたくらいなので、世間の関心も高い、話題の展覧会なのだと思いますが、それはそれは混雑していました。
 
特に見どころの書の前では、順番を待ってやっとチラッと覗けるような感じ。
 
 
王羲之(おうぎし)は、4世紀の中国東晋時代に活躍した書家で、現在、書道に親しむ人なら誰もがこの王羲之の書をお手本にしているというくらい、貴重な存在。私がこのことを知ったのはつい昨年末のことですが(^_^;)
 
 
書道ではお約束の、文字を「右上がり」で書くことや、「三」という字の最後の1画を長めに書くという、今では当たり前のようになっている書き方も、王羲之が編み出したとのこと。
 
でも驚くのは、現在、王羲之の書いた直筆の書は、一点も残っていないのだそうです。残念(>_<)
 
今回の展覧会も、すべて特殊技術を使って残された複製(コピー)なのです。
 
でも、この複製がまた芸術で、かつての皇帝が指示して作られたそうですが、墨の濃淡から文字のかすれまで、現代ですら考えられないほどの精巧な技術のようです。
 
先日、NHKの特集で、その技術の再現を試みていましたが、そう簡単にはいかない点がいくつもあって、当時の皇帝や職人たちのかけた時間や労力は計り知れないと驚きました。
 
芸術を後世に残していくには、精密な複製の技術や一流の職人も欠かせないのですね。
 
正直、これらの書をみて、複製が残されていて良かった~、皇帝がコピーを残してくれていて良かったなあ~と思ったくらいです。
 
中国ではこんなに昔から国を挙げて複製の手法を研究していたのですね。
 
王羲之の書を見ながら、先生の説明に耳を傾けていたら、壮大な歴史的背景を感じ、これらの書とその歴史全てとに一体感をおぼえ、こんなに時を経て今この目で書を見られていること自体がロマンだなぁと思いました(*^_^*)
 
展覧会は、ボリュームがあり過ぎて全然じっくり見られなかったので、また時間をつくって観に行けたらいいなと思っています。
 
上野の東京国立博物館で3/3まで行われています。ご興味のある方は、最低半日は時間をつくってお出かけになることをお勧めいたします★
 

王羲之に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment