株式会社Studio7(スタジオナナ) - Yoga is for everyone.   ~ご自身や愛する家族を見つめる時間を~ 
RSS

最新記事

ブログ移行します
フィギュアスケート合宿
七夕に願いを☆彡
夫の誕生日に
東京名所巡り

カテゴリー

NPO法人アクセプションズ
OA情報
アナウンサー
お知らせ
キッズヨガ
ダウン症 バレエ
ダウン症 ヨガ
ダウン症 子育て
ダウン症 書道
ダウン症 治療
ダウン症 療育
ダウン症 肺炎
ダウン症 親子ヨガ
バレエヨガ
ファイナンシャルプランニ
プライベート
ママヨガ
ヨガインストラクター
ヨガグッズ
ヨガセラピー
人のつながり
入院日記
出張ヨガ
出張親子ヨガ
旅行
朗読
森のくるるん
絵本ヨガ
親子ヨガ

アーカイブ

7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011

検索エンジンの供給元:

YOGA・子育て日記

シンガポールフライヤー

シンガポールネタ、続けます。
今回は本当に短期間滞在だったため、行先を絞るのが大変でした。
迷った挙句、行って良かったのが、世界最大の観覧車”Singapore Flyer(シンガポールフライヤー)”。
 
←入口にて、チケットを渡す那和。
 
単なる観覧車と思っていたのですが、入口から厳重な警備、管理体制が敷かれていて、まるで飛行機に搭乗するかのような、手荷物検査などもありました。
 
ゲートまでの道のりも長く、途中、科学博物館のような充実した展示コーナーがあったり、七色に光る近未来的なエレベーターなどを通り、ゴンドラに乗るまでに十分期待が高まりました。
 
← いよいよです!
 
ゴンドラ内はとても広くて、定員は28名なのだそうですが、早朝、オープン同時くらいに行ったので、まだ空いていて、なんと私たち家族以外には、オーストラリアから来ていたカップル1組だけという、ほぼ貸切状態の贅沢な空間。
 
早起きの甲斐がありました(^_^)v
 
ガラス張りのゴンドラからは、360度のスケールの大きな眺め
 
マリーナ湾を一望できる、素晴らしい眺めでしたが、
那和は高所も怖いらしく、ここでもやっぱり「怖い~!」を連発。
 
結局、ゴンドラ内で、那和をずっと抱っこしていました。。。
 
←私たちの後ろに見えるのが、マリーナ・ベイ・サンズ。遠くから見ても巨大で驚きました。
 
次に私たちが驚いたのは、キャビン内で目にした「三菱重工」のマーク。
 
世界最大の観覧車を日本の企業が建設していたなんて、驚きました。
ちなみに、後で知りましたが、シンガポールフライヤーのデザインにも日本人のデザイナーが関わっていたのですね。素晴らしい★
 
前日に、現地のタクシー運転手さんから、もしシンガポールフライヤーと、マリーナベイサンズの展望台の両方に行くなら、どちらかで夜景、どちらかで昼間の眺めを楽しむと良いよとアドバイスを頂いたので、早起きして早朝に時間を作ってシンガポールフライヤーに行ってみてみたのですが、これが大正解でした★
 
非日常を味わえた、30分間の本当に贅沢な空の旅でした(*^_^*)
 
 
 
 
 

シンガポールフライヤーに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment