株式会社Studio7(スタジオナナ) - Yoga is for everyone.   ~ご自身や愛する家族を見つめる時間を~ 
RSS

最新記事

ブログ移行します
フィギュアスケート合宿
七夕に願いを☆彡
夫の誕生日に
東京名所巡り

カテゴリー

NPO法人アクセプションズ
OA情報
アナウンサー
お知らせ
キッズヨガ
ダウン症 バレエ
ダウン症 ヨガ
ダウン症 子育て
ダウン症 書道
ダウン症 治療
ダウン症 療育
ダウン症 肺炎
ダウン症 親子ヨガ
バレエヨガ
ファイナンシャルプランニ
プライベート
ママヨガ
ヨガインストラクター
ヨガグッズ
ヨガセラピー
人のつながり
入院日記
出張ヨガ
出張親子ヨガ
旅行
朗読
森のくるるん
絵本ヨガ
親子ヨガ

アーカイブ

7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011

検索エンジンの供給元:

YOGA・子育て日記

天下人の自筆から

先日、華尚先生と書道のお稽古メンバーで、東京国立博物館で開催されている特別展『和様(わよう)の書』を観に行ってきました。
 
実は、以前、こちらに書道展を鑑賞に行った際、人混みのせいか、書の刺激が強すぎたのか、途中で急に体調を崩し、そのまま病院へ直行した私(^_^;)
 
今回は、そんなことにならないように、大体をさらりと観て回るくらいのつもりでいたのですが、、、
 
いざ中へ入ってみると、何と!いきなり、
織田信長、徳川家康、豊臣秀吉の自筆が並んでいるのです!!
 
秀吉ファンの私は、もうここで一気にテンション上がってしまいました\(^o^)/
小学生の時、夏休みの自由研究で、豊臣秀吉を研究をしていたくらいのファン(^_^;)
そのとても繊細な字体、筆運びにうっとり。
 
ここで、時を超えて、自筆が見られるとは思ってもいなかったので、本当に感激
 
信長は大胆、秀吉は繊細、家康は堂々とした威厳が感じられる、人柄のイメージがまさにそのまま字体にあふれていました。
 
なんといっても、展示の半分以上、即ち、ほとんどに、「国宝」、「重要文化財」のマークがあって、どれもこれも、もう本当に今ここでしか見られないものばかり。
 
このチャンスを逃すと一生、私は見ることはないかもしれないと思うと、
やっぱり、一点一点じっくり見入ってしまうのでした。
 
その挙句、今回もやはり前半で、軽い頭痛を覚え始めた私でしたが、、、
 
そんな時、目に飛び込んできたのが、何とも美しい『平家納経』でした。
 
平安時代に、平家が繁栄を祈願して、写経をしたものなのですが、文字はもちろん、書かれている紙(料紙)や絵画も、何から何までが華麗で優雅。
平家の栄華が反映された、一流の芸術が結集されたもので、本当に美しくて、素晴らしくて、観ることが出来た感動で、うっとり涙が出てくるほとでした。
 
すっかり「平家納経」に魅了された私は、帰りに、「写経セット」を一式、購入(*^_^*)
 
←なんとも単純、影響され過ぎですが、
「写経」に人生初トライしてみようと思います(^_^;)
 
大人になって書道を再び習い始めてみて、こうした書の歴史を改めて学ぶと、奥が深すぎて、とても壮大過ぎて、自分には何も及ばないと思ってしまっていましたが、
 
今回、天下人として、並んで展示されていた秀吉の自筆を見て、生まれも育ちも違う公家、武家にも負けず劣らず、その人格あふれる素晴らしい文字に、私も真面目に続けていれば素敵な書が書けるようになるのかもしれないと、勇気をもらったのでした。
 
←鑑賞後は、皆でランチ♪
 
美味しい中華料理とともに、素晴らしい書の余韻をたっぷりと味わった、有意義なひとときでした
 
ちなみに、特別展『和様の書』は、もう、今週末8日(日)で会期が終わってしまうので、もしご興味のある方はお早めに。
 
 
和様、すなわち日本独自の「和の心」、日本文化が生み出した美しい文字と歴史を、肌で感じられる展覧会でした。
 
 
 
 
 
 
 

天下人の自筆からに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment