株式会社Studio7(スタジオナナ) - Yoga is for everyone.   ~ご自身や愛する家族を見つめる時間を~ 
RSS

最新記事

ブログ移行します
フィギュアスケート合宿
七夕に願いを☆彡
夫の誕生日に
東京名所巡り

カテゴリー

NPO法人アクセプションズ
OA情報
アナウンサー
お知らせ
キッズヨガ
ダウン症 バレエ
ダウン症 ヨガ
ダウン症 子育て
ダウン症 書道
ダウン症 治療
ダウン症 療育
ダウン症 肺炎
ダウン症 親子ヨガ
バレエヨガ
ファイナンシャルプランニ
プライベート
ママヨガ
ヨガインストラクター
ヨガグッズ
ヨガセラピー
人のつながり
入院日記
出張ヨガ
出張親子ヨガ
旅行
朗読
森のくるるん
絵本ヨガ
親子ヨガ

アーカイブ

7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011

検索エンジンの供給元:

YOGA・子育て日記

「みんなの学校」

何度観ても涙してしまう映画、「みんなの学校」(http://minna-movie.com/)。
大阪市立大空小学校の一年間を追ったドキュメンタリー映画なのですが、子どもたちのありのままの姿、すべての子どもたち一人一人の成長を見守る学校の先生方、関わり方が本当に当たり前のこととして、改めて素晴らしいのです。

先日、NPO法人アクセプションズNPO法人女子カラダ元気塾の共同企画で、この「みんなの学校」の上映会と大空小学校元校長の木村泰子さんの講演会を開催しました。

私は司会進行役だったので、舞台袖、隙間から映画を観ていたのですが、それでも涙が止まりませんでした。

木村元校長の言葉には、一つ一つとても説得力があり、背中を押して下さるパワーがあります。

大人や教育者が、「子ども」とか「子どもにとって~」と言う時、必ず前に”すべての”を付けることを、「全てのこどもにとって~」と考える視点を、決して忘れてはいけない。

大空小学校では、「インクルーシブ教育」という言葉は使ったことがないそうです。なぜかと聞かれたら、それは考える必要がないことだから、人が人として生きていくために必要不可欠なもの、空気のようなものだからだと。

講演には愛のあふれる多くの印象的なメッセージがあり、参加した皆さんメモをとりながら、涙を拭きながら、熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

私が、この映画を最初に観た時、娘はまだ保育園に通っていました。そして小学校に入って1年が経った今、改めて映画を観ると、また違った想いが込み上げてきます。












「みんなの学校」に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment