株式会社Studio7(スタジオナナ) - Yoga is for everyone.   ~ご自身や愛する家族を見つめる時間を~ 
RSS

最新記事

ブログ移行します
フィギュアスケート合宿
七夕に願いを☆彡
夫の誕生日に
東京名所巡り

カテゴリー

NPO法人アクセプションズ
OA情報
アナウンサー
お知らせ
キッズヨガ
ダウン症 バレエ
ダウン症 ヨガ
ダウン症 子育て
ダウン症 書道
ダウン症 治療
ダウン症 療育
ダウン症 肺炎
ダウン症 親子ヨガ
バレエヨガ
ファイナンシャルプランニ
プライベート
ママヨガ
ヨガインストラクター
ヨガグッズ
ヨガセラピー
人のつながり
入院日記
出張ヨガ
出張親子ヨガ
旅行
朗読
森のくるるん
絵本ヨガ
親子ヨガ

アーカイブ

7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011

検索エンジンの供給元:

YOGA・子育て日記

入院日記

憧れの先輩

昨年、私の左脚の手術について貴重なアドバイスを下さって、入院中、私が一番痛くて辛くて苦しかった時にも、温かい励ましを沢山送ってくださった方にやっとお会いしてお礼を伝えることが出来ました。

私が憧れ、尊敬している同じ事務所の先輩、小川真由美アナウンサー(写真左)と、その小川真由美アナウンサーが憧れ、尊敬されている加藤満里子アナウンサー(写真中央)と、六本木ヒルズクラブにて素敵な夜景を眺めながら、貴重なひと時をご一緒させて頂きました。

実は、私が今の事務所に入りたいと思ったきっかけの一つに、小川真由美アナウンサーのボイスサンプルを聴いて衝撃を受けたことがありました。たった数秒のボイスサンプルを聴いて感動して心が動かされて、こんな素敵な声の持ち主にお会いしてみたいと思ったこと、今でも鮮明に覚えています。

どれくらい凄い方かというと、最も優秀と認められた アナウンサーに送られる「アノンシスト賞」という賞があるのですが、そのアノンシスト賞で、「全国最優秀賞」を受賞されているというくらい凄~い御方です☆

そんな小川真由美アナが昔から憧れ、尊敬されている加藤満里子アナはさすがの品格、アナウンサーの鑑です。とても上品でどこから見ても美しく、それなのに、優しくて、気配り、心配り本当に素晴らしくて、私が脚の手術で入院中に下さったメールの数々は本当に有り難くて、嬉しくて、どれだけお礼を言っても言い切れないほど、今も心から感謝しています。

こんな素敵な先輩アナウンサーとご一緒できて、手術を決断したことも悪くなかったなと思いました(*^^*)

手術&入院を頑張ったご褒美のようなそんな時間でした☆
















術後3週間

手術をして3週間が過ぎました。
『日にち薬』とよく言われますが、日に日に良くなっているのかどうか厳密には分かりませんが(^_^;)良くなってきているような気がします!

父に付き添ってもらいながら、松葉杖をついて近所をお散歩してきました。

外の空気が気持ち良かったです♪









退院しました

週末、お陰様で無事に退院することができました。

まだまだリハビリ生活は続きますが、やっぱり家族と過ごせることが一番です(*^^*)

久々の外出に、ドキドキでしたが、何とか松葉杖を使いながら無事に乗り切ることが出来ました。

でも、まだ自分一人では外出も難しい現実を突き付けられ、気持ちが沈みそうだったのですが、、帝国ホテルの1,000本のバラがとても美しくて華やかで、ちょっと前向きになれました☆

クリスマスもお正月も自宅で家族と一緒に過ごせることに感謝しながら、前向きに頑張って行かねばと思います。

入院中、たくさんの励ましを下さいました皆様に心からお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

本格復帰は少し先になりますが、これからもよろしくお願いいたします♪









前祝い?!

知人が病院のレストランで退院の前祝い(⁈)をしてくれました(*^^*)
嬉しかったなぁ~☆美味しかったな~♡
久しぶりに注文したサンデーを食べながら、なぜか聞かれてもいない話を延々と喋り続ける私。
相変わらず入院着のまま、身も心も緩みっぱなしで、まるでカウンセリングを受けているかのように、喋りっぱなしの私。。。

それを、ひたすら、じっと聞いていてくれるSさん。
ふと我に返って、自分のつまらない話ばっかりして申し訳なかったなと猛反省していたら、、、「まなみちゃんって、何でも包み隠さず話してくれるのね。なんかすごく嬉しいなぁ~」って、言ってくれて・・・(涙)
物は言いようだなぁと・・・、そんな風に言ってくれたSさんを心の底から尊敬しました。

仕事帰りに駆け付けてくれて、疲れているところ嫌な顔一つせず私の話に長々付き合ってくれて、その上、好きなもの御馳走までしてくれて・・・泣

この数週間、人の優しさ、温かさに触れる機会が本当に沢山ありました。

改めて、自分も、もっともっと優しくならなければと、人の痛みや苦しみをもっと理解できる人間になりたいなと思うのでした。

この今の気持ちを忘れたくないです。












術後2週間

手術から今日で2週間が経ちました。
経過はとても順調で、術後は全く力が入らなかった左足も少しずつ上がるようになってきました。お陰で毎日ひどい筋肉痛です(^_^;)

昨日から松葉杖は片方だけになり、行動範囲もぐんと広がりました☆
と言っても、病院内や少し外の空気を吸いに出られる程度ですが、これだけでも随分と違います。外の空気を吸い込むと背筋がピンと伸びます。

今日は御見舞いに来てくれた友人と一緒に、スタバでお茶をしました

すっぴん・パジャマ姿でも、こうして一緒にお茶が出来る友人の存在は貴重です(*^^*)

片方の松葉杖で歩けるようになってきたら、先生から、そろそろ退院の話も出てくるようになって、のんびり入院生活も終わりが近づいていること、有り難いですが、複雑な想いです。

はたして元の生活に戻れるのだろうか・・・。









かけがえのない

家族がお見舞いに来てくれました。

1週間振りに会う娘。何だかとても頼もしくしっかりしていました。

もちろん先週末のような涙なんてなくて、本当にしっかりしていて・・・、

松葉杖で歩く私の少し前をキープしながら、お水を持ってくれたり、手を取って歩いてくれようとしたり。(私が泣きそうでした)

午後からパパとクリスマス会に行くと言って、久しぶりに娘の髪を編みました。

髪を結ぶ・何気ないこと、本当に愛おしい貴重なことだと思いました。

ずっと編んでいたかったから、ゆっくり、ゆっくり、丁寧に編み込みしました。

ここ1週間のことをずっとお話ししてくれたり、本当に成長しているなぁと、1週間も会わないとこんなにも頼もしく成長が感じられるものなのかと、ビックリしました。

考えてみれば、娘を出産してから、「母業」をお休みする日は一日もありませんでした。

でも、今はゆっくり自分の身体のことだけを考えて、病院で過ごすことが出来ています。

両親や主人への感謝の気持ちと共に、この子のためにも母親としてしっかりしなければと。

今はそればかり考えています。














初挑戦

今日は、初めて松葉杖を用いての歩行訓練!

まずは、シューズを新調☆彡(入院中は、色々ネットショッピングばかり夢中になってしまいます(^_^;)ブラックフライデーやら、サイバーマンデーやら、全部のっかりました。)
まだ感覚の鈍い脚をやっとのことで動かし、脚の痛みを感じながら、恐る恐るやっていたので、ぎこちなかったですが、何とか松葉杖で歩ける(?移動できる?)ようになりました。退院がまた一歩近づいたような気がします(^_^)

今日は父が朝早くから病院に来て、リハビリに付き添ってくれました。
ものすごく心強かったです。

松葉杖で初めて歩いた時、思わず父の方を見て、
「パパ!ね、今の見た?!歩けた~!」と、まるで子供のような自分がいました。

言葉少ない父の優しさ。
見守ってくれて嬉しかったです。

そして、毎日、本当に沢山の方々から励ましのメッセージを頂いていて、一日中ウルウルしながら、一つ一つお返事しています。
これまでしばらく連絡を取っていなかった方々からもご連絡頂けたり、これを機に色々な話が出来たり、すごく嬉しいです。

それから、初めましての方からも、問い合わせフォームからメッセージを頂いたりしていて、皆さんがブログを見て応援して下さっていると思うと、本当に心強いし、励みになります。

あと、私が入院中であることで、問い合わせや、ご質問、育児やマネーに関する相談まで、とても恐縮がちに”申し訳ありません”と書かれている方々が多くて、こちらの方こそ気を遣わせてしまっていて、申し訳ないです。
私は入院中であることで、むしろ普段よりも時間的余裕が出来ておりますので、出来ない時は無理ですが、大丈夫な範囲でお返事をしておりますので、どうか、お気になさらないでくださいね。

今日はリハビリセンターから帰ってきた後も、病棟で松葉杖の練習をしたりしていたので、またまた重~い筋肉痛、ピリピリする神経痛を感じています(-_-)zzzが、これも”回復の証”と歓迎したいと思います。

まだ早いですが、い~っぱい読みたい本があるので、おやすみなさい。










原動力

手術した日から今日でちょうど一週間です。

毎週木曜日に世界の金融市場と最新の分析をお届けしていますIG証券「ランチエクスプレス」。番組をご覧いただいた方はご存知の通りですが、先週から私は暫しお休みを頂いております。代役は、ストックボイス「WORLD MARKETZ」でお馴染みの安田 真理アナウンサー、さすがの安定感です☆彡

でもですね・・・、この業界、普通ならば私は入院のため”降板”の流れです。それなのに、私の復帰を待っていて下さるという、なんと優しい番組なのでしょうか(涙)

←大・大・大好きな番組スタッフの皆様です。入院前、最後の放送終了後、スタッフの皆さまから綺麗なお花を頂き、「元気に入院生活も頑張ってください」と言われた時、その優しさに泣きそうでした。

そして、体力を付けて手術に臨んでくださいと、お肉を御馳走して頂きました(*^^*)いつもことあるごとにこうして、楽しい食事会を開いて下さいます。とてもとても美味しかったお肉の味、楽しかった会話、本当に嬉しかったひと時は忘れられません。

早く元気になってまた皆さんにお会いしたい、そして精一杯の恩返しをさせて頂きたい、その思いが、リハビリ、そして復帰への励みになっていること間違いありません。

←今日のリハビリも進展!!

なんと、手術した方の左足を地に付けて(半分の荷重をかけて)歩く練習が始まりましたよ。

怖かったし、痛かったし、足が前に出ない、上がらない、うまく行かないことばかりでしたが、やっているうちに怖さが和らぎ、少しずつ出来るようになるものなのですね~。

案の定、筋肉痛が激しく、湿布だらけですし、神経の戻りによる”ピリピリ”?”ビリビリ”する痛みも出てきましたが、、、明日からまたリハビリは一層進みそうです。

いよいよ人生初の挑戦です~! 怖~い(´・ω・`)









リハビリ進展!

紅葉も見納めを迎えて、病棟からの景色にも少し寂しさを感じます。
こちらは、手術&入院を控えていた私に、紅葉を見せてくれようと、一足早く見頃を迎えた軽井沢へ主人が連れて行ってくれた時の写真です。

安定の「雲場池」。水面を彩る紅葉と青空のコントラストに感動しながら、池の周りの美しい遊歩道をゆっくり歩きました。

←軽井沢タリアセンでは、赤や黄色に染まった美しい景色を、娘の大好きなボートに乗って、湖上から紅葉狩り♪気持ち良かったです。

→ランチに訪れたのは天空カフェ・アウラ」。その名の通り、空の上に浮かんでいるような天国のようなカフェでした。季節のドリンクや、フードも美味しくて、何より景色が贅沢過ぎる御馳走でした。

夜に出かけて、翌朝から丸一日かけて色々なスポットへ連れて行ってくれたお陰で、今年も紅葉は満喫出来た感が十分にあります。限られた時間の中、歩くことにも自信がなかった私、そしてかなり忙しいオーラ全開だったであろう私を「行こう!」と言って連れ出してくれた主人に感謝です。

そんな家族の為にも、早く元の生活に戻れるように頑張らなければいけません。

今日のリハビリはすごく進歩がありました!!

←すっぴん&ぼさぼさ&ヨレヨレですが(^_^;)リハビリ風景です。

まだ痛みと、切った方の脚に全く力が入らないので、車椅子の乗り降りにも時間を要する私ですが、なんと、術後初めて、こんな風に立った姿勢での訓練を行いました!

たったこれだけでも、今の私にはとても大変なことなのです。

まだ手術した方の足に体重をかけてはいけないので、浮かせておくのですが、浮かせるにも相当な筋力が必要で、必死に頑張る私に、先生は「あんまりやってると今夜、筋肉痛で眠れなくなるよ」と仰ったくらいです(^_^;)しかも、通常の筋肉痛とは違ってかなり痛みを感じるそうで・・・怖いのですが避けては通れません(>_<)

早く朝が訪れますように・・・。










感謝の気持ち

4日振りに娘と再会。
娘が生まれて以来、こんなに長い期間、離れ離れになったことがなかったので、お互い顔を合わせた瞬間に涙がちょっとだけ出ましたが、そこからは一緒に楽しくゆっくり久しぶりに親子の会話ができました(*^^*)

弟家族、姪っ子や甥っ子もお見舞いに来てくれたり、主人も帰国してすぐに面会に来てくれたり、今日はとっても賑やかな一日でした☆彡

さて、入院中、助かっているグッズがいくつかあります。

←まず毎朝、顔を洗うのも大変なので、ふき取り専用化粧水(写真左)が便利☆大活躍中です。

←そして、見事な実力を発揮してくれたのが、(写真中央)AVEDAのハンド&ボディソープです!

実は、手術後、足の浮腫みを防ぐため、病院の着圧ストッキングを履いてポンプを装着していたのですが、実は、そのストッキングにかぶれてしまって真っ赤っかになってしまったのです(>_<)
とても痒そ~うな私の両足を見て、膝下だけならということでシャワーの許可が下り、このソープを使ってみたら、スーッとローズマリー・ミントの香りと共に、痒みも抑えてくれたんです!

これは、以前に私が風邪を引いて全く声が出なくなってしまったことがあって、仕事を控えていた私にある先輩アナウンサーが、これをお守り代わりにプレゼントして下さったのです。今日はその時をも思い出し、また感謝の気持ちで一杯になりました。

その先輩とは、湯浅美和子アナウンサーです。
←先月、湯浅さんの舞台にお邪魔させて頂いた時の写真。
(右から湯浅さん、私、あえか、瀬田創太さん。)

声屋 五感動 vol.5
「~ホタルノヒカリの鳴らしかた~」

湯浅さんが、脚本から語りまで手掛けられた物語の世界と、瀬田さんの奏でる音楽にうっとり浸った素晴らしい舞台でした。一緒に行った友人のあえかも感動した様子で帰り道、マネージャーさんも含めて3人でずっと興奮状態でした♡

湯浅さんが届けて下さった物語は、”人生はどこがゴールなのだろうか”、人生を「山登り」にたとえた件がとても印象的でした。
山登りは、登ったら、下りるものですよね、その”下り方”にも意味があると・・・・。


今、きっと私はまさに、山を下っているのかもしれないなぁと思ったりしました。

ゆっくりゆっくり、自分と向き合いながら。これまでの人生を振り返りながら。

なぜなら、また”次の山”を目指したいからです‼

この左足を治して、まだまだ登らなければならない山が見えて来たような気がしています!

また明日からのリハビリ頑張るぞ~!!











週末

入院して初めて迎えた週末、今日嬉しかったことです。

①娘が小学校の学習発表会で、和太鼓と演劇の披露を頑張ったこと。
私は入院、主人は海外出張で不在の中、本当によく頑張りました。両方の祖父母にその雄姿を見てもらえることができて良かったです。
母からは写真(遠すぎる(^_^;)、お見舞いに来てくれた義父がビデオを見せてくれました。
ちゃっかりセンターで、堂々とした娘の姿を見て、嬉しくなりました。

御見舞いに来てくれた義父母をつかまえて気が付いたら2時間半も喋り続けていました(^_^;)ごめんなさいね、


②血圧が100を突破したこと!
と言っても、100は瞬間で、また80台に戻ってしまいましたが、これが私の通常レベルなので文句は言えません。手術直後は、60~70台まで下がって(←これ上の数値です)ベッドを起こすことすら出来ませんでしたが、落ち着いてきました。

と言う訳で、今日はカフェオレを飲みながら読書も進みました。

先日、女優の東ちづるさんにお会いした際、「どうしてボランティア活動を始められたのですか?」とお聞きしたら、これを読んでくださいと言われた、東さんの御著書「らいふLife」。
一気に読みましたが、涙が止まらなかったり、笑えたり、激動の一冊でした。


③靴下を自分で履けるようになったこと。
手術した方の脚は、なかなか難しくて、まだ履けたり履けなかったりですが、少しずつ出来ることが増えてきました(^^)/激痛だけれど~(>_<)

④沢山の人とメッセージ交換できたこと。
今日は、出張レッスンと、スタジオのレッスン日だなぁと考えていたら、心配しないでと言うように連絡してくださったインストラクターの先生。

ふと、娘の習い事の時間だなぁ~と考えていたら、「病院、退屈していませんか?今、息子の隣で真面目に可愛くやってますよ~」と娘の様子をLIVE報告してくれるS君ママ。

来月の発表会に向けてレッスンが進んでいること、新しく習った曲目や、衣装の準備など、何も言わなくても詳しく教えてくれるMちゃんママ。

こうした多くの皆様の存在にいつも支えられ励まされています。心から感謝してもしきれず涙が出ます。

他にも沢山嬉しかったことがあります。

どれもこれも些細なことかもしれませんが、心から嬉しいなと感じました。


⑤「今日もありがとう」って父母に伝えられたこと。