株式会社Studio7(スタジオナナ) - Yoga is for everyone.   ~ご自身や愛する家族を見つめる時間を~ 
RSS

最新記事

ブログ移行します
フィギュアスケート合宿
七夕に願いを☆彡
夫の誕生日に
東京名所巡り

カテゴリー

NPO法人アクセプションズ
OA情報
アナウンサー
お知らせ
キッズヨガ
ダウン症 バレエ
ダウン症 ヨガ
ダウン症 子育て
ダウン症 書道
ダウン症 治療
ダウン症 療育
ダウン症 肺炎
ダウン症 親子ヨガ
バレエヨガ
ファイナンシャルプランニ
プライベート
ママヨガ
ヨガインストラクター
ヨガグッズ
ヨガセラピー
人のつながり
入院日記
出張ヨガ
出張親子ヨガ
旅行
朗読
森のくるるん
絵本ヨガ
親子ヨガ

アーカイブ

7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011

検索エンジンの供給元:

YOGA・子育て日記

3月 2012

よく頑張った!発表会♬

今日は、那和のリトミックの発表会♬がありました♪
昨年4月から通い始めた「こどもの城」のリトミック教室
毎週ほとんど休まず出席したおかげで、レッスンや、先生、お友だちや、教室の雰囲気にも慣れてきたところで、いよいよ初参加の発表会♬
 
児童合唱団と合同で、青山円形劇場で行われました。
朝早くからのリハーサルでは、初めての場所、初めての雰囲気にも負けず、とってもよく頑張っていました。
この様子を見て、私も主人も、「この調子で行けば大丈夫!」と安心して、とっても和やかにお昼休憩を過ごしました。
 
ところが、、、大好きなお爺ちゃん&お婆ちゃんも応援に駆け付けてくれて、
さあ、いよいよ本番!と、照明が暗くなったところで、、、
すっかりリハーサルで力を出し切って疲れていた那和は、満腹で、眠くなったのか・・・本番直前に、突然「パパ~!パパが良い~」と泣き出してしまい、、、
一時はどうなることかと冷や冷やしました。
 
伴奏が始まり、合唱団の歌声を聞いて、少し気を取り戻し、自分の番になんとか間に合い、1曲目を無事に踊りきると、ようやく落ち着きを取り戻したようで、一安心。
それからは、大好きな「にょきにょきズンズンズン」や、「プリンプリン」、「僕たちの歌」、「マル・マル・モリ・モリ」や、「勇気100%」、「にじのむこうに」などなど、全部で30曲近くある中の、自分のパート約10曲を、精一杯に力を出し切ることが出来た様子でした。
 
← 『勇気100%』を
両手にポンポンを持って、堂々と踊る那和
 
正直、今日は“参加することに意義がある”と自分自身に言い聞かせて、もう那和が舞台に上がってくれるだけで十分と思っていました。
 
それなのに、こんなに堂々と踊ってくれるなんて・・・
那和、ありがとう。
ママはとっても嬉しかったよ~(涙)。
 
我が娘のことを、心の底から誇りに思いました。(毎度かなり親ばかです(笑))
 
思えば1年前、まだちょっと早いかなぁ~と思いながら、見学に行ったリトミック教室。
 
今日こんな素敵な日を迎えることが出来るなんて、想像していた以上に幸せでした
 
いつもいつも熱心に指導してくださり、そしてこんな素晴らしい機会を与えて下さった先生に心より感謝します。本当にありがとうございました。
そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
◆◆◆◆◆◆
 
那和は、今日どんなことを感じ、考えたのかな。
 
ママは、いつも那和にちょっと大変な課題を与え過ぎてしまっているかな・・・ごめんね。でも、今日はとっても成長した那和の姿を見て、心の中でずっと拍手を送っていました。これからも、少しずつ一歩一歩、ステップをのぼって行こうね。ありがとう。
 
 
 

3.21 World Down Syndrome Day

色々考えましたが、書かずには眠れませんでした。
 
今年の3月21日は、特別な日でした。
国連が、2012年より3月21日を「World  Down Syndrome Day」として正式に認定した、まさに記念すべき最初の「世界ダウン症の日」だったのです。
 
きっとご存知ない方がほとんどだと思います、なぜ3月21日なのかについて・・・
ダウン症のある人たちは、21番目の染色体が3本ある(通常は2本のところ)ので、この特徴に因んで3.21という訳です。
 
正直に言うと、我が子もダウン症という障がいを持って生まれてきましたが、まだまだ今の私はこの日を心からお祝いしたり、喜んだりすることはできませんでした。
 
それなのに、前日に開催された記念イベントには家族そろって参加したりして(苦笑)、それはそれは、とっても複雑な心境でした。。。
 
記念イベントでは、日本ダウン症協会理事長の挨拶から始まり、ダウン症のある人たちのダンスチームによるライブ、ダウン症のある家族のドキュメンタリー映画の上映、ダウン症のある人本人たちからのアピール(社会へのメッセージ)、その他、記念講演など、改めて現実を見つめさせられるものばかりでした。
 
ふと気付いた時にはすでに自分の目から涙が大量にあふれ出してきていて、ぐるぐると本当に色んなことを考えていました。
 
那和が私に気付かせてくれたことは、たったこの3年の間に、これまでの私の人生や価値観すべてを完全にひっくり返してしまうほどの大きなインパクトを持ったものでした。
 
生きることとは何か・・・
人はなぜ生まれてくるのか・・・
価値観、世界観、生きる意味とは・・・
完璧な子どもとは?
完璧って?普通って何?障がいとは?
 
日本ダウン症協会理事長はこう言いました。
“染色体異常が障がいなのではなく、社会の理解のなさや分からなさが障がいなのである
 
そして、南アフリカ駐日大使からのメッセージの中に、貴重な答えを見つけました。
 
生きることとは、「現実」をしっかりと見つめること。
ダウン症を持つ人たちは、私たちに、知性を超えた想像力」、「知識や見た目の美しさ、金銭では測れない大切なもの」を気付かせてくれる。
 
誰もが決して自分を小さく見せてはいけない
他のすべての子どもだちと同様に輝くべく生まれてきた
 
 
イベントでは終始うるうる状態で、どうにも涙が止まらず、
自分はどうしてこんなに泣いているんだろうと考えてはまた涙を流し・・・
 
生きることとは、「現実」をしっかりと見つめること。
今の自分、ありのままの自分をしっかりと受け止めること。
良い、悪いの判断を決して下すことなく、ただただ、そうであるなと自分を認める。
 
やっぱり、ヨガ(YOGA)なのです。
 
 
 
 
 
 
 
 

親子ヨガにご参加ありがとうございました!

週末、親子ヨガにご参加くださった皆さま、どうもありがとうございました。
 
寒い中、電車を乗り継いで来てくださった方、ご家族でお越し下さった方、小さなお子さまを連れて来ていただくだけでも本当に大変だったかと思います。
 
ご興味を持っていただき、スタジオにお越しくださったことに、感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。
 
お子さま皆がそれぞれ違ったスタイルで、お母さんとのスキンシップを楽しんでいる様子を見せて頂き、可愛らしいなぁと私の心も癒されました。
 
親子ヨガのクラスでは、基本的な呼吸法を確認していただいた後、親子で一緒にポーズを取ったり、お子さんとお母さんが別々のポーズを同時に取ったり、親子で一緒にヨガの歌(マントラ)も歌います♪
一つでも好きなポーズや、歌を覚えて帰っていただいて、ご自宅でもヨガの時間を少しでも取り入れていただけたら、嬉しいなと思いながらいつもクラスを進めています。
 
スタジオの広さが限られているため、親子ヨガは4組を定員とさせていただいています。今回、キャンセル待ちのご予約を頂きました方々には、ご参加いただけなかったため、大変申し訳なく思っております。次回のご案内をさせていただきます。是非お早めにお申し込み頂けますようお願い申し上げます。
 
次回の親子ヨガは、
4月8日(日)と、29日(日)また午前、午後に分けて行います。
詳細はこちらをご覧ください。
 
もちろん初めての方も大歓迎です♪
多くのご参加をお待ちしております!
 

母ブログ初登場!

すっかりブログの更新が遅れてしまいましたが・・・
 
今週は、実家から私の母が上京していました。
 
還暦を迎えた母のお祝いに、親子2人でランチを楽しんできました♪
 
← 銀座 ARMANI RISTORANTE にて
 
食事が美味しかったのはもちろん、使っている食材も珍しかったり、組合せが斬新だったりして、楽しいランチになりました。
 
店内は、ほとんど全てが、テーブルまで、ゴールド(金)なのに、派手な感じが全くしなくて、落ち着いてゆったりと出来ました
 
カトラリーにまで、ジョルジオ・アルマーニって書いてあったりして、とっても気分もあがりました(笑)
 
←あらかじめ“還暦祝いです”と伝えていたので、プレートを付けてもらえたり、写真を撮ってその場でプレゼントしてくれるサービスもあったりして、母にも喜んでもらえて、なかなか良い記念に残るランチになりました。
 
 
さて、先日15日(木)のストレッチ講座にお越しくださった皆さま、ご参加どうもありがとうございました。
 
今回も、Studio7のレッスン初参加の方々でしたが、「体が伸びてスッキリした」、「ストレッチだけでも全身がぽかぽか温まった」などのご感想を頂けて、私も嬉しく思いました。
 
「ストレッチとヨガとの違いはなんですか?」という質問を頂いたので、
「ヨガは一つのアサナ(ポーズ)をとることで、体の色んなところを一度に伸ばせる他、そのポーズをキープすることで筋強化ができたり、短時間で効果メリット盛りだくさんです★」とお答えしましたところ、
 
なんと、御二方、そのあと続けてヨガの体験レッスンも受けてくださいました。
(そろそろお腹が空いてくる時間だったにも関わらず、ありがとうございました。)
 
ストレッチ講座でたっぷり準備運動をした後でしたので、ヨガも更に効果的に行っていただけたことと思います♪
体調やリクエストにお応えして、「骨盤調整」&「肩こり解消」ヨガを行いました!
 
こんな感じで、Studio7は小さなアットホームなスタジオですので、個人個人のお悩みや、リクエストにお応えする形でその日のレッスンを組み立てたり、
また時には「今日こんなのいかがですか~?」と、こちらからご提案したりしながら日々レッスンをご提供しています。
 
体験や講座、各イベントでは、ヨガは全く初めてという方から、もっと極めたいという方まで、それぞれに応じた内容でお応えできるように努めていますので、是非ご興味のある方は一度遊びにいらしてください★
 
明日は、親子ヨガの体験会
 
今回も初参加の方々からご予約を頂き、おかげ様で各クラスとも満員御礼となりました♪本当にありがとうございます!
どんな親子に出会えるか、とってもワクワクしています♪本当に楽しみ!
 
 

アシュタンガヨガの魅力

暖かくなっては、急にまた寒くなる、この繰り返しが続いていますね。
毎年花粉症に悩まされる私には、確実に春はもうそこまで来ているのが感じられる今日この頃です。。。
 
さて、そんな季節の変わり目に、何かいつもと違うこと、新しいことに挑戦してみたいなと思い、今日、アシュタンガヨガの指導者養成トレーニングに参加してきました。
 
講師は、なんと
ヨギーニなら誰でも知っているというくらいの、ヨガ界の超有名人
 
ケン・ハラクマ先生!!
 
日本のヨガ界の第一人者として国内外で幅広くヨガの指導、普及を行っている、とっても偉大な先生。
 
自分で今回のトレーニングに申し込んでみたものの、ケン先生から直接指導が受けられる上に、認定試験もあるので、合格しなかったらどうしよう~、とか色々と考えていたら、先週末あたりから、もうずっと緊張状態でした(*^_^*)
 
でも、始まってみると、ほんの数秒で、ケン先生のユーモアたっぷりのお話に、他のヨガインストラクターの方々もみんな笑顔に★一気に会場は笑いに包まれて穏やかに。
 
ほっとしたのも束の間・・・すぐに、実践トレーニングが始まりました。
90分間、動きを止めることなく、約60ポーズを行う、アシュタンガヨガは、ポーズからポーズへ流れるスピードは速く、ポーズのキープ時間は長く、、、本気でやっていくと結構ハードで、汗だくになって、終わった後は、さすがに「うわ~疲れた~」という感じでした。
 
周りを見渡すと、参加していた他のインストラクターの方たちも、かなりの汗をかいていて、マットの下の床はみんなの汗でまるでプール、会場の熱気が凄すぎて窓は真っ白にくもっていました。
 
本当に例えようのない異様なくらいの熱気でしたが(苦笑)、久しぶりの心地よい疲労感が味わえて、スッキリ!でした(●^o^●)
 
試験の合否については、後日発表されるとのこと・・・またドキドキ。
 
 
ところで”アシュタンガヨガ”って何?!と思われた方へ
 
もし私がこの認定試験に合格したら、スタジオのレッスンでもご紹介していきたいと思っていますので、ご期待くださいね
 
 
 

お友だちに感謝

今日は、那和の保育園のクラス会で今月で退園するお友達の送別会に参加しました。
様々な出会いと別れが訪れるこの季節、2歳児クラスの子どもたちも、ちゃんと色々なことを理解していて、「また会おうね~」とか、「たくさん遊んで楽しかったね~」とかお互いに言い合っているのを見ると、この時期ならではのじ~んとした懐かしい感じを覚えました。
 
那和は、急に、プレゼントの“寄せ書き”を渡す大役を任せられて、「大丈夫かな~」と心配する私を残し、堂々と席を立ち、しっかりとした足取りで、お友達のところへ歩いて行って、両手で丁寧に「どうぞ」と言って渡すことが出来ました。
 
その姿を後ろから見ていると、3年前に、0歳で入園して以来、このクラスのお友達から、きっと色んな良い刺激を沢山もらってきたんだろうなと、お友達に感謝の気持ちと、改めて我が子の成長を実感することが出来た嬉しい一日でした。
 
※※※◆◆◆※※※◆◆◆※※※◆◆◆※※※◆◆◆※※※◆◆◆※※※
 
← 先日、実家で訪れたイチゴ狩り
大活躍だった那和
 
まずは、大きくて甘い章姫(あきひめ)を、次から次へとパクパク頬張り、
 
次に、女峰(にょほう)エリアへ移動して、またパクパク!
 
 
去年、イチゴ狩りに行った時よりも、苺をもぎ取る速さも、ヘタを取り除く腕も確実に上げていて、ペースが更に速まっていました(笑)
入園料はこども料金なのに、大人並かそれ以上に食べるという恐るべし3歳(^_^;)

鞆町並ひな祭り

先週末から昨日まで、家族で私の実家へ帰省してきました。
 
福山駅(広島県)にて
 
今回は、初めて那和を連れて、鞆町(坂本龍馬や、『崖の上のポニョ』でも有名になった)という町を訪れました。
 
鞆の浦(とものうら)とも呼ばれる観光エリアで、瀬戸内海のほぼ中央に位置する海辺の景色はもちろん、港周辺の古い町並みがとても素晴らしいのです
 
宿泊した「ホテル鴎風亭」からの眺めは最高で、270°のランドスケープは圧巻でした。楽しみにしていた露天風呂からも瀬戸内の島々が一望できて、母、祖母、叔母たちと一緒にゆっくり浸かりながら、リラックスした良い時間を過ごせました(*^_^*)
 
ちょうど町並ひな祭が開催されていたので、散策してきました。
 
中学、高校時代を福山で過ごしたはずなのに、今まで一度も訪れたことがなかったこのお祭。
 
江戸時代の風情が残る鞆町内の商店や町家に、代々伝わる雛人形が町中に展示されていて、那和のペースでも見ながら歩いて周るのにちょうど良いお散歩コースでした♪
 
お寺や町家、履物店や、文房具店など、ありとあらゆる商店で、貴重な雛飾りが展示されていて、
なんとその数、約100ヶ所!
(あいにくのお天気で、全部は回れませんでしたが)
 
江戸時代末期の「七段飾り」や、
明治期の「御殿飾り」など、初めて目にするような珍しいお雛様ばかり並んでいました。 
 
どれも時代物の豪華な雛飾りで、見入っているうちに、この町の歴史の古さや、人々が大切にしてきた伝統の壮大さがひしひしと伝わってくるようでした。
 
私自身、生まれ育った実家から近いのに、ゆっくり訪れたことのなかった鞆が、こんなに奥深く素晴らしい町だったことに改めて気づき、また地元の良さ、懐かしさを感じています。
 
さて、自宅に戻ってきて、気付けば3月3日はとっくに過ぎているのに、もちろん飾られたままの雛人形(T_T)
 
両祖父母から那和にプレゼントされた、我が家のお雛様も大切に後世に伝えていけるよう、丁寧に綺麗にお片付けしなければ★と思いつつ、あと少しだけ余韻を楽しませていただこうかしら。
 
尚、お休み中は予約確認などメール返信が遅れまして、ご不都合をお掛けして大変申し訳ございませんでした。本日よりまた通常通りよろしくお願いします。